白い家は汚れるから・・・という思いこみ

先日4件のOBのお客様宅へお伺いしました。

偶然にも、4件とも真白な外壁のお家。

半年から一年が経過していますが

基本的には建った時の白さが保たれています。

白の家と青空はベストマッチです。

一般的には白い外壁はすぐに汚れてしまう

からと敬遠しがちです。

この白さを継続させるには、何よりも

設計、外観デザインにより

汚れ方は格段に変わってきます。

では、まず汚れの原因は何なのか?

✅ 車の排気ガス

✅ 鳥やコウモリのフン

✅ 汚れがつきやすい外壁材料

✅ 外壁に取り付ける部材

外壁より突起したものに乗っかった埃

が雨で流されて外壁に染みとなり、

汚れが取れなくなってしまいます。

では、外壁に取り付ける部材は何があるか

□  掃き出し窓のシャッターボックス

□  換気扇のカバー

□  照明器具

□  エアコンカバー

□  給湯器

□  電気メーター

□  物干金物

□  テラス屋根

などになります。上記の部材が家の顔である

正面に全て取り付けていたらどうなる

でしょうか?

間違いなくかなり早い段階で部材のまわりは

黒くなってきます。

 

逆にこれらの部材が家の正面になければ

どうなるでしょうか?

そうです。汚れ方は格段に変わってきます。

 

真白な外壁にしたい!と思っている方は

一度ご相談ください。