子供部屋の事

花粉症の方はもう大変ですね。。。長女が花粉症で毎日鼻ズルズルでティッシュが手放せない状況です。

私は花粉症ではないので全くその気持ちが・・・

こんばんは。

KITOKITO HOME&LIFEの古澤です。

お客様と間取りを考える時に子供部屋の大きさについての話になります。

最近では小さくて良いと答える方が少し多くなってきましたが、

前は6帖は絶対欲しい!!と答える方が多かったです。

実際、長女はほとんどの勉強をLDKでしています。

ある著書で書いてあったのは、難関中学に合格したお子さんは、

自分の部屋で勉強するのではなく家族が集まるダイニングや母親が近くにいる場所で、

勉強しているケースがほとんどみたいです。

長女の塾のお母さんなどに聞いたらほとんどのお子さんはダイニングなどで勉強しているみたいです。

自分の部屋だと、漫画を見たりこっそりテレビをつけて見ていたり、友達に手紙を書いていたりと、

全く集中していないみたいです。

居心地の良い快適な空間を作ってしまえば、帰ったらすぐに自分の部屋にこもり、ご飯の時だけ出てきて、また自分の部屋にこもるという悪循環になりかねません。

正直な話、子供部屋は寝るだけの部屋と捉え4.5帖もあれば十分です。

4.5帖にすることで、コストダウンにもつながりますますし、何より家族の会話が増えます。

私も6帖の部屋を小学校6年生の時にもらい。高校は寮に入っていましたのでたった4年間しか使ってなく、今では完全な物置状態です。

そう考えるとやっぱり子供部屋を大きく作りすぎることは得策ではないと言い切れます!!

今まで「当たり前」とされてきた間取りが今では必ず正解とは言い切れないと思います。

4.5帖ってどれぐらいの大きさ?本当に大丈夫?と気になった方は、

今週末奈良県生駒市で完成見学会でご確認できますので是非ご来場ください!!

 

ではでは