大阪狭山市と河内長野市にて解体工事

狭山市、河内長野市にて解体工事終盤

この工事がスタートになります。

 

新築を建てるにあたってはこの解体工事や

水道管がへ13mmと細ければ20mmの水道管

を道路から引込み、そうすればアスファルトの

舗装工事も必要になってきます。

建物を解体した後には、地盤調査を行うなど

建物そのものの価格以外にも様々な費用が

かかってきます。当然、外構工事やカーテン

エアコンなども必要です。

建物以外にも諸費用と言われる金額を

きっちりと把握し、計画を立てる。

この資金計画が家づくりをスタートする際の

まずしなければいけない重要ポイントです。

とは言え、個人的に工務店に行くと営業を

ガンガンされそうだ・・・

とご心配の方は、3月31日に堺市産業振興センター

で開催する家づくりセミナーへ是非お越しください。