白い外壁は汚れるから!と気にしているあなたへ。

12月も中盤にさしかかり

kitokitoの現場も少し慌ただしくなってきました。

新築にリフォーム、店舗といろいろな

ジャンルの工事を行っています。

これから年末に向けて、事務所や自宅と

掃除が待ち構えております。

ニュースでは彦根城のススはらいが行われていました。

さて、家づくりを考える際気になるのが

外壁の雨垂れが気になるのという方は多いのではない

でしょうか?

kitokitoでは真っ白の外壁が多く、汚れが気になる

とご質問をいただきます。

確かに白は汚れが!となり

色を変更しがちです。黒や茶色の外壁を

セレクトしてもそもそもの汚れの原因を

なくさなければ何の解決にもなりません。

最大の原因は窓にあります。

窓は外壁より突出しており、そこに埃や砂が溜まり

雨と混じった砂や埃が窓際を通り汚れが付着します。

外壁材によっては染みこんでしまい汚れを落とす

ことが困難なケースもあります。

窓以外にも換気扇のフードやエアコンのカバー、

電気メーターも汚れの原因になります。

そして外壁から一番に飛び出している部材は

というと、シャッターボックスになります。

上記が家の顔と言われる正面にあればあるほど

汚れたお家になってしまいます。

ですので、白の壁にするなら

やはり

顔は何も付けないのが一番最適という

ことになります。

逆に正面  ファサードが綺麗な状態

ならどうでしょうか?

メンテナンス頻度も必然的にに減ってきます。

真っ白の外壁にしたい!

という方は一度kitokitoにご相談を!

では。

堺市で注文住宅をつくる工務店kitokito