寝室と子供部屋について-堺市で注文住宅をつくる工務店のBLOG

堺市南区の工務店KITOKITOの土居です。

最近めっきり寒くなってきました。

なのに!!

又、台風接近のニュース・・・

 

さて、今日はコストカットに繋がるお話。

これを読んでいる皆様に質問です。

「 寝室と子供部屋は何帖必要ですか? 」

 

私も以前家を建てる際には

寝室に8帖。

子供部屋は6帖。という思いがありました。

そうして8帖の寝室と6帖の子供部屋のある家に

現在も住んでいます。

が・・・今思う事は、もう少し小さな部屋でもよかったな。

というのが正直な感想です。

なぜならば、この少し大きくする1帖や0.5帖にもコストが

かかっており、その分毎月住宅ローンを支払っているからです。

お金の事を横に置いても、

実際寝室にベッドを置き・・・・・

その他には何も置いていない我が家。

ただスペースが空いており空白のスペースだけが残っています。

子供部屋はというと7歳の息子はまだ使っていません。

10歳から使い始めたとして大学生になるまでと考えれば

7-8年程度しか使わないことになります。

6帖が普通だと思い6帖という選択を

してしまった事に後悔しています。

少し部屋を小さくするのには最大のメリットが詰まっています。

子供部屋6帖×2室=12帖 を 4.5帖×2室にすれば当然3帖少なくなります。

3帖は1.5坪。さらに寝室を2帖減らせば1坪減となり、2.5坪のマイナスと

なります。

建物の坪単価が50万円とすると2.5坪×500,000円=1,250,000円の差

でてきます。

35年の住宅ローンで考えても

(フラット35で計算)(金利1.37)月々3748円支払が上がってしまいます

返済総額は1,574,246円になります。

軽車が購入できそうな価格差です。

たった3,700円と捉えればそうかもしれません。

少し見方を変えれば

「 157万円を貯金するのは、そんなに簡単なことでしょうか?」

157万円を大切に考えてみては・・・