2025年へ向けての家づくり| 堺市の注文住宅KITOKITO 

こんばんは!堺市の工務店KITOKITO HOME&LIFEです。

昨日夜のニュースを見ていると

2025年問題についての話が出ていました。

2025年問題とは

日本は、団塊の世代が75歳を超え後期高齢者となり

3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上と

なる問題です。これにより

どの国も経験がなく、前例もない

人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を

迎えます。

TVの中で取り上げられていたのは

「 社会保障費 」

の増・・・・

この問題は私たち住宅会社やマイホームを

持とうと思っていられる方にも大きな影響

が出てきます。

社会保障が増えれば当然お給料(手取り)金額

が減ることになるからです。

建物のかかるコストは上がる一方、手取りが減る・・・

 

では、今マイホームを検討されている方が何を

しないといけないのか・・・?

 

それは、近い将来の2025年

そして20年、30年後を考えた家づくりをしなければ

いけないということです。

 

この社会背景を考えていけばどんな家にしなければ

いけないのかは・・・・

 

是非ご相談に起こし下さい。

堺市の注文住宅をつくる工務店KITOKITO HOME&LIFE