土地探しで失敗しない方法

現在では、約80%の方が土地から買って

家づくりをすると言われています。

この場合、土地を買わないといけない分

家に掛けられる予算が少なくなってしまったり

身の丈以上の住宅ローンを組んでしまいます。

 

おはようございます。

KITOKITOHOME&LIFEの古澤です。

 

身の丈以上の住宅ローンを組んでしまえば、

これからの生活や将来に大きな支障を

もたらす事になってしまいます。

そうならないために、

いくつかの事についてお伝えします。

 

①家づくりは土地探しから始まる

まず家を建てたいと思ったら土地を探して

しまう事です。

いきなり土地を探してしまうと高確率で予算を

使い過ぎてしまいます。

予算的に買ってはいけない土地を

買う理由としては、しっかりとした予算を把握

していないことが原因なので、

正確に家づくり全体の予算を把握すること

からはじめましょう。

 

②雑誌やネットに載っている金額で土地が買える

これも多くの方が思い込んでいますが、

もちろん表示されている金額だけでなく、

不動産屋さんに支払う「仲介手数料」だったり

所有権を移してもらうための「登記費用」だったり

隣との境界費用がいったり・・・

とその他にも様々な経費が掛かってきます。

その費用もしっかり把握しておきましょう。

 

③土地は広いほど良い

確かにせっかく家を建てるのであれば

広い土地にしたい気持ちはよく分かります。

広々した庭にのんびり過ごしたい・・・

誰もが思う事かもしれません。

 

しかし広い庭を作ると手入れにすごくお金がかかります。

容赦なく伸びる草は誰が抜くのでしょうか?

芝生を敷いたらお手入れは誰がしますか?

範囲が広くなれば広くなるほどお手入れはさらに

大変なものになります。

 

また広い庭を作れば工事費も高くなりますし、

固定資産税だって高くになります。

 

ですから土地は必要最小限の広さにしなければ

いけません。

 

どんな家を建てたいか?を土地を探す前に

ある程度明確にしておく必要があります。

 

さらに諸費用はどれぐらいかかるのか?

もしっかり把握する必要があります。

 

もし検討もつかない!というのであれば、

弊社にご連絡頂ければお伝えします。

ご連絡お待ちしております。

 

ではでは