おススメしない土地って・・・

南道路の土地をみんな選んぼうとしていますが、

実際、抜群に太陽の光が入り、

とても明るい家になりそうな気がします。

また洗濯物もよく乾きそうな気がしるし、

布団を干すにしても最高な土地のように感じます。

 

そうなると土地を探す人の多くは、

南道路の土地を必死になって探そうとします。

果たして南側道路の土地は高い値段を

出してでも手に入れたい土地なのでしょうか?

 

こんばんは。

KITOKITOHOME&LIFEの古澤です。

 

もちろん、どのような土地であっても活かすも

殺すも設計次第ということになりますが、

個人的には全くもって選ぶ必要はないかと

思います。

その理由は、

 

①土地代が高すぎる。

みんなこぞって選ぼうとするという事は、

価格設定が高くできるという事です。

実際に隣同士でほとんど同じ面積の土地でも、

角地の方は100~200万円は違います。

人気地区になればその差は大きくなり、

300万円以上違ってくることもあります。

 

また値引きも基本的に出来ません。

値引きしなくても売れるのでその必要が

全くありません。

なんせそんな事をしなくても売れるのですから。

そんな土地を買うと住宅ローン返済にしわ寄せが

くることになります。

 

②住みにくい家になってしまう可能性がある。

南道路の一番の良さは日当たりが良いところです。

そうすると良さを活かした設計をしようと思います。

南側にリビングを持ってきて、そこに大きい窓

を付けれるだけ付けようとします。

 

そこで問題になるのが外部からの視線です。

基本的に1日カーテンを閉めないと生活できない

といういう事になります。

また窓から差し込んでくる直射日光が暑すぎる事になり

シャッターや遮光カーテンを取付、

ここでも閉めっぱなし・・・

さらに南側にベランダを作れば洗濯物も丸見えで、

防犯上良くありません。

生活感満載の家になってしまいます。

つまりデザイン性も防犯性も悪くなる家になってしまいます。

 

一見良さそうな土地も、逆に悪そうな土地も

活かすも殺すも設計次第です。

家だけを単体で見るのではなく、

周辺環境や予算の事もしっかり考えて、

土地探し、家づくりをしないといけない

という事なんです。

 

最小限の予算で最大限に住みやすい

家をつくる事がこれからの時代は必要不可欠です。

ではでは