防犯対策

「玄関の鍵なんて旅行以外かけなかった」

近所にどんな人が住んでいて、

どんな旦那さんや奥さんがいて、

お子さんは・・・

とある程度把握していたと思います。

最近はそのようなコミュニケーションがなくなってしまった現在では

ありえない事だと思いました。

こんばんは。

KITOKITO HOME&LIFEの古澤です。

 

昔はよく家のカギを傘立ての下に隠したり、

ポストに入れたりしていましたが、

生活のスタイルが変わり、

夫婦共働きのご家庭も増え家を空ける時間が増えました。

 

そのためこれからの家づくりは、

防犯性を考えることが必要不可欠になりました。

 

大工をしていた私にとっては窓などを見れば、

間取りは大体把握できます。

 

そこで考える防犯対策として、

・警備会社と契約する。

・防犯カメラを設置する。

・窓のガラスを強化ガラスにする。

・防犯砂利を敷く。

ざっと考えただけでもこれぐらいは出てきますが、

もっと以外に思い浮かばないアイデアがあります。

 

「家の形状を考える」

 

弊社では外観から大きな窓無くしたプランを

よくご提案させて頂いております。

そうすると外観からでは家の間取りを想像することが

難しくなり防犯性能を高めてくれます。

 

窓をなくすという意味ではなく、

形や大きさを工夫し光と風をしっかり確保しています。

同時に無駄なコストもカットでき一石二鳥。

 

単にデザイン性を重視した家だけではなく、

防犯性も含めた合理的をご提案させて頂きます。

 

ではでは