土地選び大切な事

おはようございます。

KITOKITO HOME&LIFEの古澤です。

新元号が発表になりましたね。

やはり最初は違和感があり、妻とやっぱり慣れないね・・・と言っていました。

あと驚いたのが、オークション等で「号外」が高値で売買されている事に驚きました。

平成も残りわずかですね。。。

 

先日の見学会でも多く質問がありました、土地をどのように選べばいいのか?

というご質問。

近隣環境はすごく大事な事だと思います。

小さいころから住み慣れた場所で土地の購入をするのであれば、

どんな環境でどんな人が住み過去にどんな事があったのかという事が分かりますが、

皆さんそうではありません。

仕事の関係や地方から出てきた方など皆さん理由は様々。

必ずしも住み慣れた環境の場所で暮らすとは限りません。

なので廻りにどんな人が住んでいるのか?って結構大切なポイントかもしれません。

勇気がいりますが、近所の方にお話しというのもひとつの手かもしれません。

また、役所に行って過去の水害の事などを調べることや、図書館に行き昔の地図を調べて、

この場所は昔どんな場所だったのかを調べてみる事も良いかもしれませんね。

また夜に周辺を歩いて回り、外灯のチェックや夜の暗さなどをチェックすることも非常に大事な事です。

 

逆に案外大切ではない事もあります。

それは、土地の形や道路の向といったところです。

というのもこれらは極端に悪い土地でない限り設計でどうにでもなるという事です。

土地の形が悪いから住みにくい家になってしまうという事でもありません。

日当たりが悪い土地でも、光を全く室内に取り込めないわけでもありません。

なので、土地の形や道路の向きよりも

近隣の事や災害の事をについて安全性をしっかり確認することが土地選びで大切な事だと思います。

そして、絶対に予算オーバーにならないように資金計画をしっかりすることも大切なポイントです。

もし何をして良いかわからないという事であれば家づくりゼミ開催中ですのでお申込みお待ちしております。

 

ではでは