リスクを簡単に軽減する方法

堺市南区で新築 注文住宅をつくる工務店

KITOKITO HOME&LIFEの土居です。

 

私の住む近所でこれから住宅開発を行います

という案内を目にし、また物騒になるなぁ!

と夫婦でそんな話に。

 

たくさんの工事現場がある場合

作業着姿の泥棒が作業員のふりをして

物色し、細かなリサーチを行なってきます。

最も危険な部分としては、勝手口ドアになります。

 

最近では、采風窓つきという換気もできる

勝手口ドアが主流になっている事もあり

施錠忘れ(勝手口その物の鍵と窓の鍵)

という単純なことから進入される

という被害が多いようです。

 

ですから、勝手口を必要としない場合においては

小さな窓=人が侵入できない大きさの窓

を設置することで大きなリスク回避になります。

 

泥棒はリサーチを徹底的に行うという事からも

できれば、間取りをわかりにくくするという

工夫もするとよりリスクを軽減できます。

これら2つについてはお金がかかることではなく

ただ無くす事で回避できるのでオススメしています。

 

セコムさんやアルソックさん

のようなセキュリティ会社との契約をすると

さらに安心ですね。