老後に解消したくなる家事動線

 

先日、自宅の前でつまづいて転倒し、

足の指に 脱臼&ひび が入ってしまいました。

幸いにも、商売道具である『顔』は

無キズですんだので

ホッとしています(=゚ω゚)ノ

 

 

なんて、フザけたことを言っていたら

総ツッコミに合いそうなので

これぐらいでやめておきますね。

 

 

おはようございます。

KITOKITO HOME&LIFE の 福本です

 

 

足のケガ初心者の私は今回の件で、

『自宅の不便さ』を痛感しています。

 

 

例えば、いちばんツラいのが…

洗濯ものを干すときです。

 

これは、老後もおなじですよね。

 

 

我が家は

(というより、一般的な戸建て住宅に多いケースだと思いますが)、

洗濯機は 1階

バルコニーは 2階

にあるんですね。

 

 

ヒビの入った足の指に、

体重をかけない様に言われている私にとって、

水で湿って重くなった洗濯物を

1階から2階に持って上がるのは

ホントにツラいです(;一_一)

 

 

1階にも干す場所はあるんですが、

道路から丸見えになってしまうので

干せるわけがありませんよね。

 

 

これらの問題点を解消するには、

洗濯干し場を洗濯機と同じ1階に設けて、

かつ 道行く人の目にふれないような設計にすることなんです。

 

 

これは、弊社が導入している

simple note の設計コンセプトのひとつなんです。

 

ケガをしたことによって

改めて simple note の『かしこさ』に

自らふれることができました。

 

ケガの功名ですかね!

 

ではでは…