生涯の住宅にかけるコストを、500万節約するための間取りとは

突然ですが、質問です。

 

あなた自身の『子ども部屋』、

今どうしてますか?

 

元気にしてますか?

 

ちなみに、私の『子ども部屋』はというと

10年ほど使っただけで、

5年ほど前に取り壊されました。

 

というのも、

 

私の実家は、二階に子ども部屋と寝室がある

ごくごく一般的な間取りの家でした。

 

そのため、両親は老後を見据えて、

平屋に建て替えたのです。

 

 

もし仮に、平屋に建て替える前の実家が、

寝室と子ども部屋の

どちらか一方でも一階に配置されていたとしたら、

私の両親は、たくさんのお金さんと労力を使ってまで、

建て替えなどしたでしょうか。

 

間違いなくしなかったでしょう。

 

一階ですべての生活が完結できるんですから。

 

 

もし、敷地に余裕があるのであれば、

子ども部屋か寝室のどちらか一方でも

一階に配置するという選択肢が

あっても良いのではないでしょうか?

 

そうすることで、

建て替えや増築などに老後資金を

使わなくてもよくなり、

その結果、

豊かな老後を送ることが出来るのではないでしょうか。

 

ではでは…